不定期戯言


 思

 い

 通

 り

 !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | コメント(-) トラックバック(-) | スポンサー広告
今月、先月、先々月と、ほとんど書いていませんが・・・
別の場所で高頻度で書いているのが原因です。
(イニDネタをそっちで使い果たしてます;)

という事で、ここらで何か書きますか・・・
今の色の塗り方でも紹介(なんだそれ)
自己流なので人によって違うかと思いますけど。。。

長いので続きに。

まず、元となるイラストを用意します。

 この時、線画はできるだけ線が途切れていない方が良いです。
塗りつぶしが使いやすいので。

次に、おおまかに色を塗ります。

 肌と髪の2色ですが、ここでは目も塗っておきました。
(前のイラストでは黒ベタですが、そこは好みで)

ここから印象が大きく変わる影、まずは肌から。

 この絵は、左やや上から光が当たっているという事にしています。
この絵の場合、肌は2色ですが、3色以上使った方が
より自然になるかと思います。
2色の場合、肌での陰影は、少し大げさに塗る
(影の割合を大きくする)と、のっぺり感(?)
が少なくなるような気がします。
 なお、赤丸は個人的に重要だと思う箇所です。
影の元となっている部分と、距離が近いと思う場所は、
元の部分に近く、遠いと思う場所は遠くします。
この絵の場合、目も肌と同じ流れで影が出来ているので、
一緒に塗ってあります。
また同じ色を使う服の襟や歯も影をつけました。

次に髪。

 髪も肌と同じ光の方向を意識して塗っていきます。
肌で影にした部分との流れに気を付けた方が良いかも知れません。
ちなみにこの絵の場合、目も同じ色を使ったので
同時に色をつけています。

影をつけたので、次は光を入れます。

 光は、光源となる方向に色を付けます。
けれど、あまりオーバーにすると不自然になるかも・・・
髪なら、奥の方をほんの少しだけ光源に逆らわせると、
どことなく髪っぽくなる気がしますが、
これは感性や好みの問題だと思います。

そして最後は、微調整。

 一色落とした色で線を綺麗に見せたり、
薄い色を追加して汗を綺麗に見せたりと、
細かな調整や修正を行っていきます。

これで完成です。
後は背景や文字を好みで加えましょう。


以上です、おしまい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tatsugac.blog2.fc2.com/tb.php/635-2e19be16
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。